ジョニーデップモデル

ジョニーデップモデル
ジョニーデップ・シグネチュアモデル レギュラー化

2017年9月16日土曜日

ジョニーデップモデルを弾きまくるjimmy!!

 配線変更でロックギターに生まれ変わりました。
 デューセンバーグ・ギター良いですね。



何処までも感情を連れて行ってくれるギターに生まれ変わりました、jimmyモデルと言う感じ。

2017年9月13日水曜日

メタルを使ったギター達

みんな個性があって良い音してくれます。

ジョニーデップシグネイチャー改造


お気に入りの音になりましたJCM800のマイ設定で高域も丁度良く
音のざらつきも心地よいデューセンバーグのこのPUは、良いですね。
1963年を意識して作られた?鑑定書の英語をちゃんと訳したいなぁ・・・。
ヴィンテージトーンは、ポット変更で感じる事が出来る様になりました。
変更前は、テレキャスの音でしたからね。
私jimmyの設定では、パキパキ感が消せなかった。
交換後のこのビデオ映像の音は、ナイスだと思っています。

ワンボリュームBカーブは、ステージで使ったけどフルテンのみなら
行けるけどバラードで泣きのフレーズを弾こうと言うギターでは、無かったと感じています。

今回の改造でバラード・ロック・ブルース何でもこなせるギターに
変身したと思っています。 弾き手が弾きやすいギターじゃないとね。



なるほど鑑定書をみると・・・・・

 あえてポットは、日本製をチョイスしている事が分った。
ジョニーが親日家だから・・・・?   Bカーブと500KΩと不思議な配線
何を狙っていたのか・・・・・
jimmy仕様は、300KΩボリューム・トーンは、250Kオーム
不思議な配線は、そのまま継承。ボリュームつまみでもトーンがコントロール出来る
変な配線、でも好きだなぁ。

2017年9月10日日曜日

やっぱりギターには、トーンが必要だよね。

CTSの300KΩのポットにこの写真を撮った後にまた戻しました。
シャフトの太さが太かったんですね。ハテナマークのツマミの穴は、ミリサイズ
だったようです。デューセンバーグって電気パーツは、日本製なのかなぁ・・・
ギターは、ドイツ製だよね。
結局ボリュームは、フェンダーヴィンテージタイプ300KΩ・トーンは、日本製250KΩ
コンデンサーは、写真のフェンダーのヴィンテージコンデンサー。

アンプ直でギターのボリューム・トーンフルでJCM800クランチが心地よいですね。
購入時は、パキパキのテレキャスサウンドでトーンが無いのでアンプのトレブルを
さげていました。トーンが無いとサウンドバリエーションが全く無い。

ジョニーさんは、これが好きだったのかなぁ・・・・・


これって見た目も悪いし・・・・500KΩのBカーブは、使いづらいし・・・。

そこでトーンをつけてなんとかサウンドにバリエーションを・・・・試行錯誤が始まった。
300KΩのこのボットは、当たり。トーンがまだ500KΩのBカーブ
このままでもよかったのだが・・・・